2019年1月16日

最近読んだ本の紹介です。

犬と猫の向こう側」山田あかね著 扶桑社新書

「犬と猫の向こう側」山田あかね著 扶桑社新書

TVディレクターである著者が多頭飼崩壊に焦点を当てた作品です。

TV放映もあったあったようです。

崩壊の現場から犬や猫をどのようにして保護するかを飼い主との対話(説得)と背景を取材した内容となっています。

保護活動は広島の「犬猫みなしご救援隊」が行っています。

「社会から孤立する人が(多頭飼崩壊)陥りやすい」が心に残りました。